NLPセミナーで学ぶラポールを意識すると、
大切なことを伝えやすくなります。


例えば、信頼関係を築いている人とのコミュニケーションをイメージ
してみて下さい。おそらく、相手の話を無条件で受け入れやすい
状態ではないですか。


そして、「どうしてか?」ということが大切です。
相手の話を無条件で受け入れたすくなるのは、どういう心の状態か?
ということですが、それは、「この人の言っていることだから」などです。


もちろん、ある程度の信頼関係を築いておくことも必要です。


では、NLPのラポールを使っての今回のテーマに入ります。
どうして、NLPのラポールを築くことで、「大切なことを伝えやすくなる」
のでしょうか。


例えば、私たちが上司や管理職の立場だとします。
そして、部下に向き合った時に、信頼関係ができていると、
既に上司のあなたから、話を働きかけた時点で、
部下は聞く姿勢ができています。


聞く姿勢とは、受け入れる姿勢でもあります。



ですので、自然に話しやすい空気ができていたり、
話しやすい状態を作りやすくなっています。


ですので、NLPのラポールを意識することで、
大切なことを伝えやすくなるのです。
そして、ラポールを築くと話しやすくなるのは、
上司と部下の関係だけでなく、様々な人間関係でも同じです。


では、ラポールを築くためにどうしたら良いのかというこということですが、
それに関しましては、ラポールスキルを活用していきます。
地味なスキルですが、とても効果的です。




コミュニケーションで相手の話を聞く時、
どのように話を聞いていますか?


例えば、コミュニケーションにおいて、相手の話したいことを
お聞きになると思います。特に、まだそれほど仲良くはない
という方の話は、積極的にお聞きになるかと思います。


その時に、相手が話している内容の中に、
相手が、どんな時に、どのように感じたのかを表現していると思います。
つまり、感情の表現です。


実は、この感情表現が重要です。
相手が感情表現している時、あなたはその感情に合わせます。
NLPセミナーで学ぶコミュニケーションスキルのペーシングを使います。
または、NLPのバックトラッキングを使って、感情表現を繰り返します。


例えば、相手が、
「あの時は、本当にきつかった」と話しているとします。


その時にあなたは、
「そうなんだ~、それは辛いよね」と感情表現の言葉を繰り返します。
これだけでも、相手は、あなたが話を聞いてくれている、
あなたが感情を共有しているということを感じます。


ここで、NLPのコミュニケーションでは、大前提とされている、
ラポールを築きやすくなります。


このように、感情表現を受け取って、その話を深掘りしていくことで、
コミュニケーションは深まります。

そして、先ほどNLPのバックトラッキングで、相手の感情表現を
繰り返しましたが、その時に、一言付け加えると良いかもしれません。


例えば、
「そうなんだ~、それは辛いよね」
「僕だったら、耐えられるかな~、頑張っているよね」などです。


一言の言葉が、更に関係を深めて、コミュニケーションを円滑にしてくれます。




NLPセミナーで学ぶメタモデルについてご紹介していきます。


最初は、難しく感じる方も多いのですが、使っていくうちに
慣れてきて、使いこなせるようになっていきます。具体的には、
次のような質問を使っていきます。


・具体的にしていく質問


NLPセミナーでは大切にされている質問です。


・例えば、
・具体的には、
・もう少しお聞きすると


などです。


他にも、NLPのメタモデルには、質問の方法があります。
それぞれには、目的があるのですが、どれも効果的で、
日常的に使うことのできる内容です。




例えば、NLPのメタモデルを部下のコーチングで使うとします。
部下がうかない顔をしているとします。どうやら、心理的に
何かを抱えていそうだということが分かったとします。


その時に、次のように使うことができます。



「最近どう?」という言葉ではじめていき、

「そうなんだ、具体的に聞くと・・・?」

「例えば・・・」


などの質問を重ねていきます。


その結果、部下にとっても、あなたにとっても曖昧だった話が、
具体的な話になっていきます。ただし、この時に大切なことが
あります。それは、コミュニケーションの基本的なことです。


それは、ひとつの会話を具体的に聞いていくことです。
会話のテーマがあちこちに飛んでいくと、話を具体的に
する前に、他のテーマでの会話になり、話は曖昧なままになり、
具体的に深掘りすることができなくなります。


ですので、NLPのメタモデルを使う時は、一つのテーマを
深掘りしていくということがr大切になります。




あなたは部下の話をどのレベルで聞いていますか?


今回は、NLPセミナーで学ぶ「メタモデル」について
ご紹介していきたいと思います。


先ほどのご質問ですが、あなたはいかがでしょうか?
どれ位、深いレベルで相手の話をお聞きになっているのでしょうか?
という質問です。


とても大切な質問です。


多くの方が表面的なレベルでしか話をしていませんが、
深いレベルで聞いていくことで、見えてくることが
たくさん出てきます。


それは、今までは見ているようで見えていないものが、
見えてくるということです。


例えば、相手の感情や性質や傾向、人生の課題。
こういったものは、部下と上司の関係でしたら、
本来は理解していくことができるものです。


しかし、できていなかったというかたも多いです。
しかし、ご安心して下さい。


どうしてかという一つの原因とアイデアをお渡しします。
NLPセミナーで学ぶことのできる「メタモデル」とは、
そこで使うことができます。


例えば、部下のことを深いレベルで見れていないのは、
その必要性がわからないからですが、もうひとつは、
話を深掘りしていないからです。


曖昧なものを曖昧なままにしていませんか?
仕事上でのクライアントとのやり取りや、事務的な仕事では、
曖昧さを許さなくても、部下とのやり取りに置いては、
曖昧になるケースは多いです。


もし仮に、今よりも、一言深掘りするだけで、
随分とコミュニケーションが変わるのですが。


そんな時に、NLPセミナーで学ぶメタモデルを使うことで、
曖昧さを具体的にしていくことができます。


次回は、NLPのメタモデルについて、もう少し詳しくご紹介していきます。




NLPセミナーで学んだ内容を、仕事で活かす。


管理職として、スタッフのマネジメントや育成にNLPを使うとします。
会社の規模やチームのメンバー数、あなたの役職により難易度も、
関わり方も変わります。


少人数なら、スタッフ全員のことを知り、理解し、共感していくこともできますが、
人数が多くなるにつれ、それは難しくなります。ですので、工夫は必要です。
ただし、最低限、身の回りにいる関わるスタッフのことは理解したいものです。


NLPセミナーを学ぶと、コミュニケーションスキルとして傾聴を学びます。
傾聴を学ぶことで、相手の話に耳を傾けるわけですが、今回、学びたいのは、
傾聴のやり方ではなく、傾聴の本質の部分です。


心と身体はつながっているということをNLPセミナーで学びますが、
傾聴を行なっていくとあることに気づくことができます。傾聴している時に、
相手の言葉を耳にしているわけですが、実は未みんを傾けているのは、
相手の心の声や感情や内面であることに気づきます。


つまり、NLPセミナーで学ぶ傾聴とは、聞くスキルであるだけでなく、
相手を理解して大切にする心を学ぶこともできます。


お伝えしたいことは、忙しすぎて、目の前の大切な仲間のことを
実は知らないとうことはありませんか?ということです。
その時点で、ベストなコミュニケーションを取ることは難しくなります。


しかし、相手のことを理解することが出来るだけで、
関わり方が変わり、お互いに協力し合う、人間関係を育む
ということができるようになります。


NLPセミナーで学ぶ傾聴のお話でした。




リソースという言葉をご存知でしょうか?

リソースとは、NLP資格のセミナーでいう資質のことです。
実は、あなta自身がもっているリソースを明確にしたり、
あなたの部下や大切にしている人のリソースを明確にすると
あることが起こります。


そのあることとは、自信や可能性が生まれます。
NLP資格のセミナーを学んだ方が、結果を出したり、
今まで以上に自然な自信を身につけることが可能なのには
理由があったのです。


先ほどお話したように、自分の持っているリソースに
気づいたからです。もう少し具体的なお話をしてみます。


NLP資格のセミナーで学ぶリソースとは、あなたが望んでいる
結果やゴールに対して、必要な資質のことです。

例えば、望んでいる結果やゴールが大きいとします。
そんな時に、望んでいるゴールと現在のギャップが大きい場合、
自分がそのギャップを埋めるために必要な何かを持っていると
認識していないと、可能性を見出しにくくなります。


そんな時に、実は持っているけど気づいていない可能性に
気づくことのできる質問あります。

「あなたの持ているリソースは何ですか?」
「あなたが与えることのできることは何ですか?」
「今からできるはじめの一歩は何ですか?」


このような質問をすることで、今持っているリソースに
気づくことができます。失敗した時、疲れている時、
人間関係で悩んでいる時、新しい環境で頑張っている時は、
自分の資質や可能性に目を向けにくいことがあります。

もしも、そのような状態になった場合は先ほどの質問を使って、
NLPでいうリソースに目を向けてみて下さい。





小田真嘉さんという方のメルマガやブログを見ていると
とても面白いのですが、「もし」という言葉は未来に対して
使うものだとお話されています。


小田さんに学びながら、NLPのアズ・イフフレームを
さらに学んで行きましょう。


今回のテーマは、NLP資格のセミナーで学ぶアズ・イフフレームで、
未来をイメージして、そこから、現在の自分の行動と選択を
振り返るということです。


例えば、NLPのアズ・イフフレームを使い、
もし、2年後の未来に「望んでいる結果を手に入れているとしたら、
今の自分は何をしたからそうなったのか?」


というように使います。


結果か、今の自分の行動を選択していきます。



この時に、NLPのアズ・イフフレームで学んだ、
もし、仮に、例えばという言葉を使いながら、
未来を描いていきます。


それだけで、今日という日が生きた時間になります。


このアズ・イフフレームをニューロ・ロジカル・レベルに当てはめて
使っていくことも出来ますし、人間関係に活用することも出来ます。


「もし2年後に自分が国家資格を取っているとしたら、
 今の自分は、今日という日をどう過ごしたのだろうか?」


ここがもう一つのポイントです。


因果関係で考えます。


未来の結果や成果を描いて、
その結果は、今、現在、今日という原因があって
起きているもの、作られたものという視点で考えます。


すると、脳はこう考えてくれます。
未来の結果はどのように(どうして)できたのだろうか?


これだけで思考、選択、行動が変わります。
小田さんのメルマガ、ブログとアズ・イフフレームの学びを
ご紹介させて頂きました。





NLP資格のセミナーでは、たくさんの
ワークやスキルやテクニックを学ぶことは、
既にご存知かもしれません。


ところで、それらのワークを使う際に
とても大切なことがありますが、
それは何でしょうか?


もし仮に、NLPを使ってコミュニケーションを
とったり、タイムラインン系のワークをしたり、
その他のワークをしてあげる際は、ラポール
がもっとも重要になります。


例えば、相手がラポールテクニックを築いた状態で、
私たちのことを信頼してくれていないと、
心を開いて話しをしてはくれませんし、
安心して、ワークを受けることはありません。


このことは職場でも言えるのではないでしょか?


NLP資格のセミナーを学んだ福岡の男性がいらっしゃいます。
福岡でNLPを学び、ラポールを学んで意識しだすまでは、
どうしても上から抑えつけて、若い社員さん達に
押し付けるように仕事を教えていたそうです。


例えば、新しい知識や技術を教える際、
その教える態度が傲慢だったそうです。


傲慢な態度で、教えている時、
誰もベストな状態で受け止めることはで行きません。


しかし、NLPを福岡で学び、ラポールを意識しだしてからは、
まずは、社員さん達と共有している場を作ることを
最優先するようになりました。


そして、NLPをのラポールを意識することで、
一人一人が年代は離れていても、一人の
大切な人間として尊重できるようになったそうです。


NLPのラポールを学び実践する時、
実はそのような学びもあるのです。


まずは、ラポール。どんな場でも
ラポールが大切だというお話と
ラポールの本質でした。





NLPのアズ・イフフレームを使っていますか?


前回の話では、NLP資格のセミナーで、
「もしも、◯◯ならから?」という質問のテクニックの
お話をして行きました。


今回は、さらにNLPのアズ・イフフレームの使い方を
深めて行きましょう。


結論からですが、もしも、マネジメントや接客などで、
NLPの「アズ・イフフレームを使うとしたら、一番大切なポイントは、
「心理的なプレッシャーを取り除く」です。


状況や相手にもよります。


100%ではないですが、
心理的なプレッシャーが和らぎます。


今回は、接客で使うアズ・イフフレームの話です。


例えば、お客様に何か商品をクロージングするとします。
「その時に、AとBならならどちらがいいですか?」
と質問するのと、


「もしも、◯◯するなら、AとBならどちらがいいですか?」
と聞くのでは実は大きな違いがあります。


NLP資格のセミナーで学ぶ、アズ・イフフレームは、
もしもの話をしていますので、直接的なストレスにはなりません。


接客では、このストレスをお客様から取ってあげることが大切です。
もちろん、軽いストレスを感じることが必要な時もあります。


しかし、基本的には、ストレスをかけずに話をしていきます。
仮の話をNLPのアズ・イフフレームでしていても、
質問の内容が適切な場合は、お客様は真剣に考えてくれます。


お客様の解決したい不満や不安、満たしたい感情を、
私たちが提供できると感じてくれていたらです。


ただし、NLPのアズ・イフフレームを使うときは、
私たちが、お客様にとって話しや存在であることが
とても大切になってきます。





NLPのアズ・イフフレームを使って、
部下の可能性を高めていきましょう。


もしも、コーチングというものをしっかりと
学んだことことがなくても、NLP資格のセミナーで学ぶ、
アズ・イフフレームを使うだけで水分と可能性を高めることができます。


NLPのアズ・イフフレームは次のように行ないます。
「もしも、◯◯なったとしたら~?」


このもしもという点がポイントです。
もしも、落ち込んでいる部下がいるとします。


その時は、このアズ・イフフレームだけを使って
コーチングをすることもできます。


「もしも、できるとしたらどうだろうか?」


「もしも、出来たとしたらどうしたい?」


「もしも、可能性があるとしたらどうしている?」


「もしも、」という言葉がポイントなのですが、
どうして、これがポイントなのでしょうか?


それは仮定の話をしているからです。
何かにプレッシャーを感じている時、不安やや恐れを感じている時など
心理的な壁があります。心理的な障害と言ってもいいかもしてれません。


NLPでも心理学でも教えてくれますが、
私たちは心理的な障害にあった時、意外に行動が鈍ります。


NLPを大阪で受講した男性ですが、NLPを学ぶまでは、
思考も行動も、感情も鈍いっていました。


これでは、適切な思考や判断、アイデアは出てきません。
結果は出ませんよね。


しかし、NLP資格のセミナーで学ぶアズ・イフフレームを使うことで、
ずいぶんと変わりました。これは何かといいますと、「もしも、」
という仮定をつくることで、心理的な障害が取り除かれたからです。


その中で、自分の可能性に出会うときや可能性を見出す時があります。
そうすると、仮定の話でなくても結果をだせる状態になっていることもあるのです。